「あそびの保育」を通じ豊かな感性・創造性・社会性・観察力を身につける。 鳥取県鳥取市の幼稚園「愛真幼稚園」

愛真幼稚園

おさんぽ日記・お知らせ

新着トピックス

おさんぽ日記

2017年07月10日

 齋藤あつおさん

  お泊まり保育が終わり、一回り大きくなったような年長さんの顔に、うれしい1日でした。
 昨日は警報の中、米子まで友人の車で出かけ、齋藤惇夫さんの講演「子どもの本 過去・現在・未来」を聞いてきました。言葉の重さを深く感じたひとときでした。
 「内容はこどもにとってよいか」「なぜ図書館に置くのか」「どうしてもこの本を守りたい」そう考える人が、いてこその子どもの本の存続があります。この中のどれが欠けても、こどもの本は亡くなる、と。図書館が子どもと未来を信じる人のいるところであってほしい。配布された本のリストにある本を三分の2は読んでいるという人が、教師ボランティアや教師をしてください。子どもの側に立たれている惇夫さんの心の底からの叫びと聞きました。
 2年ぶりの惇夫さん、喜寿とおっしゃっていましたが、ずいぶんお若く見えました。またの、講演会を楽しみにしています。

一部の画像は不正利用防止のため印刷できません。
ページ上部へ